一人暮らしに何が必要?絶対揃えるべき最低限の家具6選

一人暮らしに必要なもの

一人暮らしをするにあたって、家具もいくつか揃える必要があります。部屋のスペースなどを考えると、家具を多く購入するのは難しいですので、本当に必要な家具を厳選して購入するようにしましょう。

一人暮らしに必要な家具とその理由、家具を置くために最適な間取りなどについて紹介していきます。

これだけは買うべき!揃えたい家具6選

家具はそれひとつでかなり場所をとってしまいますので、最低限にとどめておくのが望ましいです。

家具がたくさんありすぎるとそれだけで家の中がいっぱいになってしまうからです。これだけはそろえておきたい家具について紹介していきます。

ベッド

一人暮らしをするときにあったほうがいいのがベッドです。ベッドの下を収納としても使用できますので、上手く空いたスペースを有効活用できます。

また布団だと毎日布団をあげたりさげたりするのも面倒です。ベッドのほうが扱いも楽になります。

テーブル

ご飯を食べるときのテーブル、勉強やちょっとした作業するときにはテーブルがあると便利です。

テーブルも使う頻度が少ないのであれば、折り畳み式タイプを選ぶなどすれば使わない時はたたんでかたづけて置けます。

食器棚

食器棚もあると便利です。食器棚に入れるほどの食器がないと思っていても、ストックしておく食品などを入れるなどして使用できます。

また食器棚だけでなく、電子レンジやオーブントースターを置く台と併用できるタイプを選ぶことで、スペースも占有しません。

ソファ

ソファもあると便利です。リビングでくつろぐときや友達が来たときに使えます。またベッドにもなるソファベッドを選ぶと、誰か知り合いが泊まりに来たときにベッドとしても使えるので便利です。

ミラー

大型のミラーがあると全身をチェックするときや、コーディネートを考えたりするきに使えるので購入しておいたほうがいいでしょう。

テレビ台

一人暮らしでもテレビは必要になりますが、テレビを置くための台も購入しておくと便利です。

テレビ台としてだけでなく、ちょっとした雑誌や物を置けるようなタイプだと収納にも使えます。

必要な家具を置くために最適な間取り

一人暮らしをするためにはどの程度の広さの部屋を借りると、快適に生活できるのでしょうか。

 一人暮らしの間取り

一人暮らし用の部屋は1R(ワンルーム)、1DK(1部屋+ダイニング、キッチン)、といった1LDK(1部屋+リビング、ダイニング、キッチン)という間取りが一般的です。

築年数にもよりますが部屋の面積が広くなるほどに家賃も高くなります。家賃を抑えるとどうしても借りられる部屋の面積も小さくなってしまうのが現状です。

家具を購入するときはまずは部屋を決めてから、部屋の広さに合わせて必要な家具を厳選していくようにしましょう。

最適な間取りとは

必要最低限の家具を置けるくらいのスペースを確保するためには、1DK位の広さがあると十分です。

ダイニングキッチンが別であると、その部分に食器棚などを置くスペースを作れるからです。

そして残った部屋にベッドやテーブルといった家具を置けるようになります。家具もその種類によって大きさが異なりますが、部屋の面積に合わせて適切なものを選ぶようにしましょう。

家具を購入する前にあらかじめ家具を置く予定の場所をサイズ計測しておくことが大切です。サイズをしっかりとはかっておかないと、部屋に合わないサイズを購入してしまう危険性が高くなるからです。

家具は大型サイズですので一度購入すると返品や交換が簡単にできないため、その点注意が必要です。

まとめ

一人暮らしにも最低限必要な家具があったほうが便利に生活できるようになります。人によって必要な家具の種類が異なりますので、自分にとって必要な家具を見極めましょう。

また家具を置くスペースや場所を十分考えてから、家具を購入することが大切です。

こちらの記事もおすすめ → これさえ見とけばOK!一人暮らしに必要なお金をチェックしよう


You May Also Like

About the Author: wpadmin